車の下取りと買取の違い

車の下取り

車の下取りというのは、次の車を購入する販売店やディラーなどで、今乗っている車の査定をしてもらい、次に購入する車の購入費の一部とするシステムです。

メリットとしては売るのも買うのも同じ店舗でできるので手間が省けるのがメリットです。

しかし、下取りというのは車の購入費の割引とあいまって、一体どれくらいの金額で車が売れたのがわかりにくいという点もあります。

車の買取

車の買取というのは、中古車販売店や買取業者に車を現金化してもらうことを言います。

査定金額がそのまま車の価値を表すのでわかりやすく、また下取りよりも高額になりやすいと言われています。

デメリットとしては、新しく車を購入する場合は、一度買取店で売却してから改めて車販売店に行くことになるので手間がかかるということです。

一括車買取査定が便利でお得

特に懇意にしているディーラーなどがなければ、多少手間でも買取をしたほうがお得だと言えます。

ただ、買取も適正価格で買い取って貰わないといみがありません。

できるだけ高価買取をしてもらいたいなら、車一括査定サービスを利用するのが便利です。

ネットで一括査定を申し込めば、最大10社の査定業者から査定を取ることができます。

あとは査定金額を比較して一番高額なところに売ればいいので楽ちんです。

>>車を最も高額で買取させる方法はこちら