車のボディカラーによる査定金額変動

車の買取査定額はおおまかにいえば車種や年式、走行距離で決まるのですが、それ以外の要因でも価格が変わることがあります。

人気のある車種の場合でもボディカラーによって人気度が違います。

特に人気のないボディカラーの車は査定価格が、シルバーや白の一般的なボディカラーの物より下がる場合があります。

人気カラーは白・黒・シルバー

車の査定額でほとんど影響がない安定したボディカラーは、無難な白や黒、シルバーになります。

これらは流行り廃りがないので、査定価格も安定します。

奇抜なカラーはマイナス査定になりやすい

最近は車のラインナップでもボディカラーが多種多様に選択できるものが増えてきています。

しかし、あまり奇抜なボディカラーの車を選んでしまうと、買取時にマイナス査定になってしまう場合があります。

かといって、購入時に気に入らないボディカラーを選ぶのは本末転倒なので、これは仕方のないことなのですが、ボディカラーが特殊で、相場より査定価格が低い場合はそういうことだということです。

時には稀少カラーにもなりうる

ボディカラーが人気のないものでもすぐにあきらめてはいけません。

とりあえずはネットで市場調査をしてみて、市場に出回っていなかったり、中古車販売サイトで定番色より高値が付いている場合は人気カラーかもしれないので、買取査定時にアピールしてみるとプラス査定になる場合もあることを頭の隅に入れておくといいかもしれません。

>>車を最も高額で買取させる方法はこちら