車のキズと買取価格の関係

車のキズは大小さまざまありますが、小さなキズは査定にはあまり影響はありません。

というのも、小さなキズは経年劣化とみなされるからです。

しかし、どこからが小さなキズでどこからが大きなキズなのかは素人では判断できませんよね。

小さなキズは目立たなくする

小さなキズというのは具体的には髪の毛より細くて、目を凝らさないとわからない程度のもので、長さが短いものです。

こういった傷はカー用品店などで修理グッズが売っていますので、隠せるものは隠してもいいと思います。

大きなキズは修理しない

明らかにすぐわかる大きなキズに関しては修理するとかえって出費がかさみます。

大きなキズがマイナス査定になったとしても、おそらく修理費用よりは大きくないので、そのままにしておいた方が得でしょう。

ただ、目立たない場所の場合はちゃんと自己申告しておかないと査定員の信用を失うので注意が必要です。

ほとんどの買取業者は買い取った車を自社工場か提携の整備工場で格安で修理ができるので、軽いヘコミやキズなどはそのままでも問題ありません。

>>車を最も高額で買取させる方法はこちら